【日焼け止め】紫外線カット方法による区別

日焼け止めーUVカット剤には、
  • 紫外線を吸収して変化させる『吸収剤』
  • 微粒子体が紫外線を反射する『散乱剤』
の2種類があります。

通常はこの『吸収剤』と、『散乱剤』を組み合わせた製品が多いのですが、
最近では、『吸収剤』を使用せず、『散乱剤』だけで作られた日焼け止めが販売されています。
いわゆるノンケミカルと呼ばれているのがこちらです。
紫外線吸収剤
ケイヒ酸系、ベンゾフェミン系、トリアジン系のケミカル物質が、紫外線を取り込み別のエネルギーに変えることで紫外線をカットします。 これらの成分は、肌に塗ったときに白浮きせず、自然な仕上がりになりますが、肌への刺激は強くなります。

紫外線散乱剤
微粒子酸化チタンや微粒子酸化亜鉛の被膜で、物理的に紫外線を反射することで紫外線をカットします。 UV-A波、UV-B波の両方を幅広く反射して、かぶれなどの症状も起こりにくいので、肌が弱い人にもおすすめです。
肌に塗ったときに白浮きしやすいのですが、最近は粒子の細かいものがでてきていて、白浮きしにくくなっています。


紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

【日焼け止め】形状による区別

乳化タイプ
Oil in Water 安定していて、使用感もいいが耐水性に劣る。
ノンケミカル〜高SPFまでカバー。

Water in Oil 
Oil in Waterより使用感は劣るが、最も普及しているタイプ。
耐水性や紫外線防止に優れていて、高SPF製品が多い。

ローション、オイル、ジェル
乳化タイプに比べるとサラッとした使い心地。 紫外線散乱剤は粉体でできているため混ざりにくく配合しにくいので、紫外線吸収剤が使われることが多い。

スプレータイプ
手がべたつかず使いやすい。 夏場の高温下では、高圧ガス容器の漏れや爆発の危険性がある。

スティックタイプ
耐水性に優れる。 テクスチャが重く、伸びづらいので、鼻や頬などの日焼けしやすい部位への使用が適している

UVケア化粧品の種類

サンタン化粧品
皮膚を赤くするUV-Bをカットしつつ、均一の日焼け肌をつくるためのもの。サンオイル。

オイルタイプの他、乳液、ジェル、ローションタイプもある。

エルグタンニング化粧品
肌に影響を与える紫外線を浴びずに小麦色の肌を作り出す化粧品。皮膚角層の上層のみに作用して、数時間で肌は小麦色になり、水洗いしても落ちない。皮膚の剥離により色が消えていく。

皮膚を褐色に変化させる成分、ジヒドアキシアトセン(DHA)を配合。

アフターサン化粧品
紫外線を受けた肌をケアするためのもの。

サンバーンのような一時的な炎症には亜鉛華のような粉末や、抗炎症剤の配合されたからミンローションや水性ジェルなどが有効。
水分が減少した肌には、保湿効果の高いローションや、乳液、パックなどでケアする。
日焼けによる色素沈着の回復には、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、最近ではコケモモの成分であるアルブチンや、麹の成分であるコウジ酸などもおすすめ。

 

 

雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ