紫外線、正しい知識で完全ガード

お日様に当ると日焼けします。
でも、紫外線が肌に影響を及ぼすのは日焼けだけではありません。
老化の約80%が、紫外線ンが原因の光老化だといわれています。

光老化と紫外線の関係についてはコチラで詳しく解説しています。

肌に影響を与える紫外線の種類


  • 紫外線A波(UV-A)・・・320〜400nmの長波長の紫外線
  • 紫外線B波(UV-B)・・・280〜320nmの中波長の紫外線
  • 紫外線C波(UV-C)・・・280nm以下の短波長の紫外線
※nm(ナノメーター)
1nm=10億分の1m(100万分の1mm)

図で現してみるとこんな感じになります。

紫外線の種類


ガンマ線と、X線は地表には届きません。
有害であるとされる紫外線C波と、紫外線B波の一部は、オゾン層に吸収されるため、地表には届きません。
地表に届く紫外線は、
  • 紫外線B波 0.5%
  • 紫外線A波 5.5%

紫外線は、波長が短くなればなるほどに、皮膚への影響が大きくなってきます。

紫外線の種類


紫外線が肌に及ぼす影響

UV-A

波長の長い紫外線A波は、肌の真皮中層まで到達します。
皮膚が黒くなり、真皮内の繊維質を壊すので、シワやたるみの原因になります。

UV-B

主に肌の表皮に作用します。
肌が黒くなり、乾燥、シワ、肌あれの原因に。
皮膚を赤くさせ、細胞の遺伝子が傷つきます。
角層の一部が向けます。
肌の赤みが引いた後はメラニンが生成されて、シミの原因になります。

日焼けの症状

サンバーン

UV-Bにより、日焼けで肌が赤くなること。
肌は赤く炎症をおこし、ひどい場合は水泡ができます。
紫外線を受けてから約8〜24時間でぴーじゅとなり、炎症は数日続きます。
サンバーンを起こすと、遺伝子が損傷を受け、
繰り返すと、皮膚がんのリスクが高まります。

サンタン

UV-A、UV-Bの影響で、日焼けにより肌が黒くなること。
紫外線を浴びてから約72時間後からメラニン生成が始まり、1か月以上続くこともあります。
生成されたメラニンは、皮膚のターンオーバーによりはがれ音ていきますが、排出しきれずに残ることでシミになります。
繰り返し紫外線を浴びることで、メラノサイトの数は増えて、より肌は黒くなり、シミや黒子が増えます。

紫外線の肌への影響 まとめ

飲む日焼け止めサプリなら紫外線も怖くない!


百害あって一利なしの日焼け。
さらに怖いのは、

『紫外線を浴びてから約72時間後からメラニン生成が始まり、1か月以上続くこともあります。』

つまり、外を歩いているときだけ気をつければいいってものじゃないんですね。
紫外線を浴びた後のケア次第で、10年後のあなたが決まります。

しっかりケアしているつもりでも、意外とダメダメな紫外線対策。
あなたは大丈夫ですか?

日焼け止めの正しい知識



雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ