「瞳」と「頭皮」、紫外線対策、大丈夫ですか?

夏になるとサングラスをかける人が多いですね。
あれは、決してファッションだけのものじゃありません。
「瞳」も日焼けしちゃうんですよ。

 

通常の通勤時間程度くらいであれば問題ありませんが、長時間強い紫外線を浴びると、「白内障」や「黄斑変性」といった病気を発症してしまう場合があります。
また、瞳がまぶしさを感じると、脳が紫外線が強いと判断し、防御のためにメラノサイトにメラニンを作るように命令します。
つまり、まぶしさを感じると、日焼けしやすくなるんですね。

 

とはいえ、単に色がついていればいいというものではありません。
紫外線対策には、ちゃんとUV機能が付いたサングラスでないと、逆に目を傷めてしまいます。

 

瞳と頭皮の紫外線対策

 

もうひとつ、忘れがちなのが頭皮の紫外線対策。
帽子や日傘を使うのは、顔や首、腕などの日焼け防止のためもありますが、直接頭皮を日焼けさせないためにも必要なんです。
頭皮は一番お日様に近いですよね。
つまり、一番強く紫外線を浴びる部位なんです。
でも、髪の毛が生えているので、直接日焼け止めを塗ることはできませんよね。

 

なんとなく、夏のおでかけには帽子。

 

それは、頭皮のために絶対に必要なことなんです。

 

頭皮が紫外線を浴びすぎるとどうなるの?

紫外線が髪の毛のなかのメラニンを破壊してしまいます。
髪の色が抜けてしまうんですね。
髪の毛はタンパク質でできていますが、そのなかのシスティンというものもダメージを受けて、枝毛や切れ毛が増えます。

 

そして頭皮は・・・

 

紫外線により、毛母細胞が破壊されて働きが鈍くなってしまいます。
そうなると、抜け毛が増えたり、新しい髪の毛が生えてこなくなったり・・・
そう、薄毛になってしまいます。
また、頭皮にもメラノサイトがありますが、メラニンの生成も鈍くなり、白髪になってしまいます。

 

最近は、髪の毛にも使えるスプレー式のUVケア商品があったりはしますが、頭皮へのUVケアはなかなかできないのが現状です。

 

飲む日焼け止めなら、そんなお悩みも一気に解決できますね。

 

⇒飲む日焼け止めサプリ 比較ランキング

 

 

雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ