日焼け止めについて知っておきたいこと

市販されている日焼け止めに書かれている「SPF」と「PA」の数値の読み方、知っていますか?

まずは、紫外線について。

紫外線には、UV-A波と、UV-B波があります。

紫外線の種類


UV-A波
じわじわと肌の真皮まで到達して、コラーゲンを破壊し、シワやたるみを誘発させる。
UV-B波エ
エネルギーが強く、表皮にサンバーン(赤くヒリヒリさせる状態)を起こし、皮膚細胞の遺伝子を傷つけ、シミやシミの原因に。

SPAとPAの違いについて


  • UV-B波に対する防御機能を現したのがSPF
  • UV-A波に対する防御機能を現したのがPA
SPF
何も塗らない状態で、肌がサンバーンを起こすまでの時間を何倍にのばせるか。 平均的な日本人の場合は20分程度なので、SPF30ならば、その30倍、600分までのばせる。
PA皮膚が一時的に黒くなる事に対しての数値の段階。
何も塗らない状態よりその時間を2〜4時間延ばすものが+。+が増えるほど効果が高くなる

SPFとPAについて


ここで注意しないといけないのは、この数値は、皮膚1×1pあたり2rを塗ったときの数値であるということ。
これを顔全体でいうと、500円玉1個分ほどになります。
たいていの女性は、この1/4程度しか日焼け止めをぬっていません。
ならば効果は1/4かというと、実際の効果は、1/20になります。

つまり、SPF30であれば、『カバーできるのは、たったの30分

ならば当然のこととして、数値の高いものを塗ったほうが効果的ということになりますよね。
でも、効果が高くなるほどにお肌には負担になってしまいます。

紫外線対策には、保湿も大事。

なのに、日焼け止めを使うことで肌が乾燥してしまう!

という悪循環になってしまうのです。

日焼け止め剤の選び方の目安


目的 SPF PA
日常生活(散歩・買い物などの外出) 10〜20 +
屋外でのレジャー・スポーツ 10〜30 ++
炎天下でのレジャー・スポーツ 30〜50 +++
紫外線に非常に弱い人 50〜 ++++

日常生活では、SPF20程度の日焼け止めで十分
日焼け止めは目的に選んで選んで、こまめに塗りなおすこと

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

日焼け止めには、
紫外線を吸収する『紫外線吸収剤』
紫外線を散乱、反射する『紫外線散乱剤』
の二つの紫外線防止剤が使われています。

紫外線吸収剤
紫外線を吸収して肌を守る。 刺激が強く、肌荒れやかぶれをひきおこすこともある。
成分は、メトキシケイヒ酸オクチル、イキシベンゾンなど。
紫外線散乱剤
紫外線吸収材より肌に対して刺激は少ないが、肌が白っぽくなる、肌が乾燥しやすい傾向がある。 成分は、酸化亜鉛、酸化チタン、タルクなど。

肌が弱い方は、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のものを選ぶようにしましょう。


思い当たることはありませんか?



 

 

日焼け止め

 

そんなお悩みを解決してくれるのが、「飲む日焼け止めサプリ」なんです!

 

お出かけ前に、たった2粒飲むだけの紫外線対策

 

↓↓↓↓↓

 

日焼け止め

 

 

雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ