あなたの使っている日焼け止め、大丈夫ですか?

日焼け止め おすすめ


最近は地球温暖化で、オゾン層が破壊されているせいか、地表に注がれる紫外線の量というのは、年々増えてきています。
昔と違って、大地も土ではなく、ほとんどがアスファルトという状況下のなかでは、紫外線は上からだけではなく、下からの照り返しも気にしなくてはなりません。

そこで、紫外線対策ということで、日焼け止めは欠かせないんですが・・・

しかしながら、日焼け止めってどんなものからできているのかご存知ですか?
ほとんどの日焼け止めには、その効果を高めるために、界面活性剤やシリコンが使われています。

これらは、一次刺激性物質なので、肌に直接長時間触れ続けることで、皮膚の正常な働きを阻害してしまいます。
「肌に優しい日焼け止め」とうたわれているものでも、やはり長時間の使用はあまりお勧めできません。

そもそも、何のために日焼け止めをつかうのでしょうか?

答えは日焼けたくないからですよね?
日焼けによる、シミ、そして肌のくすみをさけたいからですよね。
あるいは、乾燥が進むことで「光老化」といわれる肌ダメージから避けるためというのもあげられます。

特に敏感肌の人にとっては、「肌のお手入れをする」というのは、
  • 皮膚呼吸を妨げる
  • 摩擦が増える
これって、肌を傷つけることになるんです。

シミは、肌の傷んだ部分にできます。
だから、シミをつくりたくないのであれば、肌を傷めないことが肝心なんです。

敏感肌でない人にとっても、日焼け止めを塗るというのは、1工程肌をこする動作が増えることになるので、やはり肌に負担が増えることになります。

ここで、日焼け止めを使わなくても、UV効果のある化粧下地や、ファンデーションのみで対策するというのもありです。
ただし、リキッドタイプやクリームタイプのものは、界面活性剤の含有量が高いので、おすすめするのは、パウダリーファンデーション。
パウダリーファンデーションは、とくに日焼け止め効果をうたったものでなくても、ファンデーションの微粒子が光を乱反射させるので、UVカット効果があります。

そして、『絶対に焼きたくない!』というのであれば、やはり内部対策が必要。

最先端の紫外線対策は、お肌に負担をかけない『飲む日焼け止め』

≫最先端の日焼け止めはコレだ!≪



日焼け止めの基礎知識



雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ