紫外線によって引き起こされる弊害とは?

紫外線と光老化


紫外線を浴びすぎるとどうなるか?
もちろん日焼けしますよね。
日焼けというのは、いってみれば火傷のようなもの。
肌が乾燥してしまうわけなので、シワが増えます。
もちろんシミもできます。
一番怖いのは命に係わる「皮膚がん」
紫外線により傷ついた細胞は、通常は修復されるのですが、日焼けを繰り返すことで修復ができなくなり、皮膚がんへと・・・

また、紫外線は皮膚以外に瞳にも悪影響を及ぼします。
推奨t来が紫外線を浴びると、酸化して水晶体が曇り、白内障になる危険も潜んでいます。

紫外線は浴びたら浴びた分だけしっかりと貯金されていきます!

通常老化というのは、加齢によるものですが、長年によって紫外線を浴びることでも老化は進みます。
これが「光老化」と呼ばれるものです。
光老化の症状としては
  • シミが増える
  • シワが深くなる
  • 肌のハリがなくなる
  • 皮膚が厚く固くなる
  • 肌がくすむ
  • 肌が褐色になる
  • 皮膚がガサガサになる

紫外線によっておこるトラブル

日焼け

皮膚が赤くなり、ほてりや痛みを伴い、ひどい場合は水ぶくれができます。
重症になると、頭痛や発熱、置かん、吐き気、食欲不振など。
たかが日焼けでも重症になると生命に危険を及ぼすこともあるので、症状がひどい場合は速やかに病院に行きましょう。

シミ

紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトがメラニン色素を作って、肌や細胞の核を守ろうとします。
通常はターンオーバーにより、表面の皮膚は剥がれ落ちていきますが、紫外線を浴び続けるとメラニン色素が過剰に作られ、色素がシミとなって残ります。

シワ・たるみ

紫外線が皮膚の真皮まで到達すると、コラーゲン線維が切断され、コラーゲンをささえているエラスチンが変形します。
弾力の失われたばねのように、皮膚は沈み込み、これがシミやたるみになります。
繰り返すことで、シワはどんどん深くなってきます。

乾燥

長時間紫外線を浴びることで皮膚の水分が蒸発してしまいます。
肌が乾燥すると、基礎代謝が鈍くなるので、さらに肌の弾力が失われ、キメも乱れ、くすみ、シミの原因となります。

紫外線の浴びすぎは老化を進めるだけ!紫外線対策はしっかりと!

日焼け止めの基礎知識


雪肌ドロップ 楽天検索結果と最安値 トップページへ